人参ジュースの効能.net » ストレッチとうつ病

ストレッチ

ストレッチとうつ病

うつ病では、なんらかの原因によって悩みを抱えてしまい、そのことが苦痛になってくると、色々な症状が出ます。

つまり、簡単に言えば精神的に抑鬱状態が続くことです。この病には、薬物治療をする場合が多いですが、薬物ではなかなか効果が上がらない、というケースはよくあります。またこのようなケースで有用なものが、ストレッチです。

主なマッサージ効果としては、自律神経機能の修復があります。交感神経と副交感神経を相互にリラックスさせることで、興奮と安静の状態を改善することができます。

主に運動器系の障害に効果があると言われるストレッチですが、このように万病に効果がある、と言われる方も多くいらっしゃいます。

また、うつ病に効果のあるストレッチ法として、気功があります。脳機能障害を改善するために用いられる方法ですが、生命エネルギーの良い気を送ることで、脳の組織が蘇生される効果があります。

大脳辺縁系に関わる精神病と深い関係のある部位に、視床下部があります。視床下部は、食欲や性欲、不安や恐怖感、睡眠などを司る部位で、自律神経の交感神経や副交感神経の機能を調整する役割も持っています。

摂食、飲水、性などの本能の中枢でもあり、また情動にとっての中枢でもあります。また海馬は、記憶や空間学習などに関わる脳ですが、老人に多いアルツハイマーでは最初に病変が起こる部位です。

心理的なストレスを長い間受け続けることによって、コルチゾールが分泌され、神経細胞が破壊されると海馬が萎縮します。

心的な外傷ストレスや、うつ病でも、この海馬の萎縮が見られます。また精神分裂、または統合失調症との関連があることも指摘されています。

またこの病の治療には、薬物やストレッチの他にも心理療法が多く用いられます。伝統的な養生法や心理療法を使用し、患者個人個人にあったプログラムを進めていきます。

また、カウンセリングも重要です。メール、インターネット通話などを利用しての治療を行っているところも増えています。