人参ジュースの効能.net » 中耳炎について

中耳炎について

中耳炎は急性、滲出性、慢性に分類される耳の病気です。また主な症状としては、鼓膜の奥の痛みやみみ鳴り、難聴などがあります。

人体の鼻と耳は耳管と呼ばれる管で繋がっていますが、この耳管は中耳の気圧の調整などをする大切な役割りを持っています。たとえば食べ物を飲み込んだり、くしゃみをすると耳管を通って空気が中耳に伝わります。

急性の中耳炎は、主に風邪などの炎症が原因となって、ウイルスや細菌が鼻から中耳に入り込むことで健康を崩し、発症します。

中耳が炎症を起こして、痛みを伴います。赤ちゃんがかかる場合もあり、機嫌が悪くなったり、耳によく手をやるなどの反応でわかりますが、風邪が治って健康になったと思っていたら高熱が出たりした場合は要注意です。

病院では抗生物質を投与して治療をし、健康へと導きますが、最近は抗生物質が効きにくい耐性菌が蔓延してきて、健康への効果が徐々に薄くなっています。

重度の症状に発展すると切開して膿を出す手術が必要になります。また見た目では完治し健康になったように見えても、中耳の菌はなかなか消失せず、滲出性中耳炎に発展することもありますので、医師のアドバイスをよく効いて放置するようなことがないようにしないとなかなか健康に戻れません。

滲出性中耳炎では痛みはありませんが、難聴の症状が出ます。子供の場合は耳詰まりが出て、耳をよく触ったりします。副鼻腔炎、アレルギー性の鼻炎などが原因で健康を崩すことも多くあります。

滲出性中耳炎の治療は薬物が中心ですが、症状が長引くと鼻から耳管に空気を通したり鼓膜切開で液を取り出すなどの処置が必要です。

中耳炎はかぜが元になってかかることが多いため、まず健康に注意し風邪のケアを怠らないことが大切です。特に鼻水がたまったらよく取るようにします。

小さい子供の場合は専用のスポイトなどが有用です。耳管は特に子供の頃が太くて菌も入り込みやすい時期です。小学校入学ぐらいには細くなりますので、その頃までには完治させ健康になっておくことが大切です。