人参ジュースの効能.net » 意識の改革について

意識の改革について

過度な飲酒、喫煙、睡眠不足などの生活は、健康に良くないことは誰しも承知していますが、一度このサイクルに陥ってしまうと、なかなか辞めることが難しいものです。

自分で一度、自分の状態を見直すようにすることで、これらの衝動をある程度、抑えることが出来るようになります。

健康に悪い習慣を直して、きっちりと自己管理が出来るようになれば、病気に対してもある程度、予防的な措置を取ることが出来るようになります。

健康を崩している原因が何なのか、ということを自分でもきっちりと意識することが肝心になります。

一つの方法として、「病気の原因が何なのか」という前に「未病」という観点を持つことです。これは東洋医学の発想でもあるのですが「病気を未然に防ぐ」という意味です。

病気になりやすい生活を続けていると、いくら健康な人でも老化が進むが早くなるのは当然です。よく「老けこむのが早い」といわれるのは、このような健康状態が長く続いてしまったために発生する可能性があるので、自分で出来る限り健康への意識を変えることが望ましい方法になるのではないでしょうか。

ただし、なかなか健康に悪い生活が習慣化してしまった人の場合、急にその状態を辞めてしまうと、返ってそれがストレスになってしまうことがあります。

そのため、喫煙などはまずは「節煙」という、煙草を吸う本数を減らすことから始めることが有効になるといえます。

無理をしないで、きっちりと自分で健康管理を出来るようにしておくことで、病気に対して、適度な免疫を身につけることができます。

お酒についても同様で「飲酒」が依存症のようになってしまっている人は、強い意思を持って、お酒を断てるように、自分で習慣を身につけなければなりません。

それが出来ないと、なかなかその習慣に依存してしまい、抜け出せなくなってしまう可能性があります。無理をすることなく、きっちりと自分で健康管理を出来るようにしておいてください。