人参ジュースの効能.net » 五十肩と名医

四十肩・五十肩

五十肩と名医

五十肩がつらくて仕方がない、という場合、思い切って手術をしたい、という方もいらっしゃいます。特にそれ以外にも病気にかかってしまっている場合はつらさも倍以上ですから、タイミングが悪かったと思って重い腰を上げる方も少なくないと思います。

また、手術を受けるのであればできれば名医にかかりたい、と考えるのが当たり前と言えます。

では、五十肩には名医はあるのでしょうか? 実際にインターネットで探してみても、ヘルニアや脊柱管狭窄のような重度の病気のようには簡単に探すことはできません。

内視鏡を使用した侵襲性の低い術式はあるのですが、どの病院でも大体同じような技術を持っているように感じられます。

五十肩では、そもそもこのような発想自体が間違っているのかもしれません。であるならば、できるだけ誠意を示してくれる医師にめぐり合うことこそが大切ともいえます。

患者1人1人のことをよく考えてくれる医師であれば、それぞれに最適な治療法を見つけ出してくれると考えられます。

また整形外科だけが治療の場所ではありません。鍼灸やカイロプラクティックなどでも本格的な治療をしてもらえるところは多くあります。特に鍼灸ではツボを刺激することで患部の血行を高め、ツボの当たりがよければよいほど効果も高まります。

また良い医師にめぐりあっても、患者の側からそれで安心してしまった、何も努力する必要はないだろう、と考えると、とんでもない結果を招いてしまうことになりますので、特にリハビリには全力で立ち向かう意志を持つことが大切です。

病院でのリハビリだけではかなり不足です。自宅で効果的なリハビリを用いてこそ、可動域減少は効果的に対応できると言えます。

自然治癒を前提に考えていると、どうしても結果が悪くなりがちです。できるだけコミュニケーションがはかどる病院、医師を探し当て、最適なリハビリ法を見つけて治療していくのが、もっとも効果的な改善法です。