人参ジュースの効能.net » 第四腰椎すべり症

すべり症・分離症

第四腰椎すべり症

腰椎すべり症は上下の椎体が前方、後方へとずれてしまう症状です。

その多くは変性のすべり症といわれ、中高年の女性に多く、腰椎の上から4番目、つまり第四腰椎がずれることも最も多いとされています。

またすべり症になり、腰部の他にも下肢にもしびれや痛みを生じたり、排泄障害になったりと重度になりますと手術をしなければならなくなります。

比較的初期の症状の場合は痛みもほぼ感じない、ただ身体がちょっと変に曲がってはいるようだ、というような方も多く、普通に生活したり仕事をこなすことができるようです。

整形外科でのすべり症の治療方法は保存療法と外科的療法つまり手術とに大まかに分けられますが、経過観察としての期間が長くても、辛抱していれば治る可能性もあります。また痛みがひどければすぐに手術を勧められることもあるでしょう。

ブロック注射をすることで痛みは取れますが、そのまま二度と痛まなくなり、生活も自然な形に戻った、という方も多い、というようにどの治療法が合っているかということは患者さんによって違います。

整形外科ではなく、カイロプラクテイックなどの整体療法を試すという方も増えているようですが、真に高度な技術を使用、応用して元に戻すところもあれば、自分には全く合っていなかった、というような不運な結果になる方もいらっしゃるでしょう。

変性すべり症は、椎間板の変性によるものが多く、また腰部脊柱管狭窄症の原因となる可能性も高いものです。

腰部脊柱管狭窄症になってしまいますと歩くこともなかなか難しくなり、腰痛の他に下肢の痛みやしびれなどの神経症状を訴える場合も多く、そのままひどくなりますと馬尾症状という症候群が出現することもあります。

腰痛にかかってしまうと一生付き合うことになる、とよく言われますが、もちろんすべり症もその対象です。できるだけその付き合いを浅いものにするためにも、リハビリなどがあればきちんと守ってするようにし、また医師の言うことをよく聞くことは最も大事でしょう。