人参ジュースの効能.net » 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症は、骨の老化によって神経を通る空間が狭くなり、神経を圧迫して足腰にしびれを起こす症状をします。

主に、歩いたりして数分して足がしびれ出したりしている場合は、脊柱管狭窄症であることがあります。

もちろん違う病気のこともありますが、骨の老化によるものなので、お年寄りなどは、特に注意した方が良い病気ですね。

痛みの原因は老化した骨が神経を直接圧迫することによるもので、激痛を与えます。神経を圧迫するので、その痛さはかなりのもので一瞬電撃が走るような痛みでしょう。

一応休憩などをすることで痛みなどがなくなりますが、再度歩くと再発する確率が高いので、注意しないといけません。

ちなみに、圧迫しないように体を曲げると多少良くなりますが、治ったわけでは無いので、しっかりと治療を受けてください。また症状が悪化すると完全に足が動かなくなるので、違和感を出すようなら医師と相談してください。

この脊柱管狭窄症は、何もお年寄りだけがなるような病気ではありません。場合によっては若い人でもなるような病気となっています。

故に、注意していないと若くして足が使えないと言う状態になるので、注意しましょう。普通に予防対策などをすれば問題無いですが、主の原因は体を動かなさないことなので、しっかりと適度な運動をしましょう。

ちなみに、デスクワークにより同じ体制を何時間もしている人なども起こりやすいと言っても良いので、注意してくださいね。

脊柱管狭窄症は、最初のことは少しの痛みですが、そのまま放置していると激痛になりすぐに歩けなくなったり、そのまま車椅子で生活しないといけなくなったりすることもあるので、注意してください。

このようにならないように、対策をするのがベストでしょう。一応治る症状なので、しっかりと医師と相談して完治させましょうね。