人参ジュースの効能.net » 変形性膝関節症の主な治療法

変形性膝関節症の主な治療法

変形性膝関節症は主に保存療法と手術療法の二つの方法で治療されていきます。

症状が初期から中期に掛けての状態ならば保存療法によって十分に治療のめどがありますが、変形性膝関節症が重症になった場合は保存療法では追いつかない場合があります。

そうした変形性膝関節症患者にのみ手術は行われるようになっており、手術法も症状によって複数の種類を使い分けていきます。

保存療法はいくつもの方法を組み合わせたり同時に行うことにより病気を治していく方法で運動や食事、投薬に装具など実に様々な方法で病気を治していきます。

いくつか例を挙げると運動療法は筋力や代謝機能の向上させるもので、膝に掛かる負担を減らしたり代謝機能を向上させることで削れてしまった軟骨などの膝の組織を修復させやすくしたりと様々な効果が期待できます。

そこまで過度なトレーニングをするわけではなくストレッチや体操といった自宅でも出来るようなものから短時間のウォーキングなどでも十分な効果が期待できます。

運動療法は変形性膝関節症のほか、ダイエットにも効果があり、体重を数キロ落とせばその分膝に掛かる負担をだいぶ減らすことが出来ます。

食事療法はそうした体重増加を防ぐためにも積極的に行っていくべき治療法の一つで、脂っぽいものはなるべく摂らないようにしてビタミン類や軟骨の生成に用いられるコラーゲンなどを取ってみると良いでしょう。体重の増加はそのまま膝の負担の増加に繋がるので食べすぎにも注意が必要です。

このような保存療法が追いつかない重症患者は手術によって変形性膝関節症を治療します。例えば高位脛骨骨切り術は膝関節付近の脛骨を切断し、変形した脚の骨の向きを正常なものにして金属製のパーツで固定するもので、関節部がそのまま試用できる状態の患者に用いられる手術法です。

関節部がかなり損傷している患者は膝関節の表面を人口パーツに置き換える人工関節置換術を行い治療します。

どちらも短時間で痛みを無くすことができますが合併症の恐れや膝関節の動作の制限といったデメリットもある点に注意しましょう。