人参ジュースの効能.net » 民間療法について

民間療法について

まだ医療が発達していなかった時代、人々は知恵を絞り身近にあるもので病状を緩和したり、治したりしていました。人参は様々な体調の不良を緩和したり治したりして効果を発揮しました。人参を使った民間療法は何種類もあります。

豊富な栄養素が含まれているこの野菜は医学がまだ発達していない時代に薬としても使われていたのですね。昔、薬は大変効果でなかなか薬を買う事ができない人達が多くいました。

そんな庶民の暮らし中から生まれた方法は病気で苦しむ人達を助けてきたのです。今でもこの自然からの恵みである野菜を使った方法を自宅で実行している人もいます。ここではそんな民間療法のいくつかをご紹介します。

咳が止まらなくて苦しい時や、喉がイガイガとする場合は摩り下ろした人参を2口程食べると咳が止まると言われています。もしくは摩り下ろした人参をガーゼなどでこしてしぼり汁を飲むという方法です。

これは含まれている成分である抗酸化作用やβカロテンが粘膜を保護する働きを利用しているのです。免疫力を上げたり体温を上げる効果もあります。

生姜と一緒ににすりおろした人参を食べると体が内側から温まります。風邪などの時には試してみたい方法です。免疫が高まることもこの野菜が持つ効能の1つですから風邪をひいて免疫力が落ちている時でも免疫を高めてくれます。

風邪で体が弱っている時などには他の病気にもかかりやすくなります。人参の免疫力を高める効果でそれを防いでくれるという訳です。次にしもやけに効果がある民間療法です。しもやけは体の血流が悪くなって炎症を起こす症状です。

かゆみを伴い患部が赤くなり腫れます。冬の寒い時期にかかる人が多い症状です。しもやけになってしまったら人参を摩り下ろしてかゆみや腫れの出ている患部に湿布します。

その後にマッサージをしておくと血行がよくなって症状が緩和されます。この野菜に含まれている成分のビタミンAやビタミンCは血行を促進する効果があるのでしもやけの症状を緩和することが出来るのです。

お腹の調子が悪く下痢の時には人参を柔らかく煮て食べると豊富な食物繊維の働きによって腸内の環境を整える事が出来ます。下痢などのお腹の調子が悪い時にお腹の調子を整えてくれるのです。このように昔から受けつがれている民間療法は庶民の知恵から生まれた薬を使わない方法です。

自然に治癒する効果を自然の恵みである野菜から得て症状を緩和するという体にも優しい治療法です。

赤ちゃんの頃から離乳食にもよく用いられるこの野菜の成分を使って咳やしもやけ、下痢などの時に人参を使った方法を試してみましょう。もちろん、症状が長引いたり、酷くなってしまった場合は病院で適切な診断と治療を行って下さい。